運動でヘモグロビン量が低くなるのは何故!?原因・理由

ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜9位

運動でヘモグロビン量が低くなるのは何故!?原因・理由

激しい運動をすると貧血になる?

運動で貧血をおこす?

貧血と一言で言ってもいろいろなタイプがあり、激しい運動をすることによって起きる貧血もあります。
例えば、マラソンなどをする場合に多く起きるものです。
運動をすることによって起きる貧血であるかを見極めるためには、血液検査が必要になってきます。
血液検査では、ヘモグロビン濃度、赤血球数などの項目を検査します。
激しい運動をすると、ヘモグロビン量が少なくなっていることが分かります。

 

原因その1、赤血球が衝撃によって壊れる

では、どうして健康のために役に立つはずの運動で、ヘモグロビン量が少なくなってしまうのでしょうか?
マラソンなどの場合には、長時間足の裏を地面に強く当てることになります。
赤血球は非常に薄い膜で覆われているので、足に裏が地面に強く当たると形を維持することができなくなってしまいます。
このようなことが何度もあると、容易に赤血球は壊れます。

 

赤血球が壊れると、その中にあるヘモグロビンが漏れ出るため、激しい運動をするとヘモグロビン量が少なくなってしまうことがあるんです。
もちろん、足の裏だけではありません。
ヘモグロビンは、酸素を肺から受け取るための大切なものです。
そのため、ヘモグロビン量が少なくなると、全身に酸素を十分に送ることができないため、結果的に、貧血が起きるようになります。

原因その2、鉄分が汗をかくと体の外に出てしまう

激しい運動をするとヘモグロビンの量が少なくなる別の理由としては、汗が影響しています。
激しい運動をして汗を多くかくと、鉄分が汗と一緒に体の外に出てしまいます。
ヘモグロビンの大切な原料である鉄分が足りなくなってくると、同時にヘモグロビン量が少なくなってきます。
そのため、結果的に十分全身に酸素が供給されなくなって、貧血が起きます。

このように、激しい運動をすると赤血球が壊れたり、鉄分が足りなくなったりしてヘモグロビン量が少なくなることがあるため、スポーツを行っている方は十分に注意しましょう。

下記ページではヘモグロビン値が低い方、貧血の方にに最適な鉄分補給サプリを10種類紹介しているので、ぜひ読んでみて下さいね。
↓ ↓ ↓
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位