ヘモグロビンが低いと疑われる病気・病名・疾患一覧

ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜9位

鉄欠乏性貧血|ヘモグロビンが低いと疑われる病気・病名・疾患一覧

ヘモグロビンが低いと病気になる?

ヘモグロビンが低いと病気の原因になる場合もあります。
そのため、ヘモグロビンの数値には注意する必要があります。
どのような病気の原因となりうるのか、いくつか紹介してきます。

 

鉄欠乏性貧血

ヘモグロビンが低いというよりも、鉄が少ないからその鉄から作られるヘモグロビンが低くなっているといった方が正確かもしれませんが、ヘモグロビンが低い時になる病気の代表的なものが鉄欠乏性貧血です。
鉄欠乏性貧血は偏食や無理なダイエットでも起こりますが、子宮筋腫を患っている女性が更年期間近になって出血量が増加した時になってしまうこともあります。
また、胃の切除などによる鉄の吸収不良や、妊娠や成長期に鉄の利用量が急激に増大した時にも鉄欠乏性貧血になることがあります。
女性は月経があるため、定期的に出血し、その際に赤血球に含まれる鉄分も一緒に排出されるので、鉄欠乏性貧血になりやすくなっています。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍

胃や十二指腸には、強い酸性の胃液にさらされても粘膜が傷つかないような仕組みがあります。
しかし、ピロリ菌や非ステロイド性抗炎症薬などなどによってこの仕組みが破壊されると、その部分が胃液によって粘膜や組織の一部がなくなってしまいます。
これが胃潰瘍・十二指腸潰瘍です。
初期症状としては胃痛や不快感程度ですが、ある程度病状が進行するとその部分から出血が始まり、吐血や便に血液が混ざったりします。
そうなると、赤血球も排出されてしまうのでヘモグロビンが下がってしまうのです。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は日本では20代の若い年齢によく見られる病気ですが、40代以降の症例も増えています。
粘血便や下痢といった症状が起こり、さらにひどくなると、熱が出たり、体重が減少したり、腰痛や貧血などの症状も起こります。
潰瘍性大腸炎は長期の出血をきたすので、ヘモグロビンもそれに伴って減少します。潰瘍性大腸炎は、腸管拡張を生じて腸閉塞や消化管穿孔を合併症として発することもあります。

悪性腫瘍

悪性腫瘍とは、俗に言うがんのことです。悪性新生物とも呼ばれます。
悪性腫瘍は以前は不治の病と思われていましたが、今では早期発見によって完治することも可能です。
そのためにはヘモグロビン値に常に気を付けておいた方がいいでしょう。
特に胃や小腸、大腸、肝臓などの消化管の腫瘍は出血を伴いやすいので、赤血球が喪失しやすく、ヘモグロビンの低下が顕著に表れます。
こういった兆候を見逃さないためにも、定期的な健康診断は大切なのです。
特に、男性でヘモグロビンが低い人からは大腸がんが発見されることがかなり多いそうですから注意しましょう。

白血病

白血病は血液のがんとも言われる病気です。
この病気は、遺伝子変異を起こした造血細胞が骨髄で勝手に増殖し、正常な血を作ることを阻害し、血液中にもその造血細胞があふれてくる血液疾患です。
この遺伝子変異した造血細胞を白血病細胞と言います。
白血病になると正常な白血球は減少し、さらに多くの場合は血小板や赤血球も減少します。
そのためヘモグロビンも低くなります。
白血病になると貧血やそれに伴う諸症状が起こるほか、血小板の減少による易出血症状や白血病細胞の各臓器や神経への浸潤による様々な異常が起こる場合もあります。

痔になると消化管から出血を起こしてヘモグロビンが下がることがあります。
痔にはいぼ痔やきれ痔、あな痔などがありますが、これらは俗称で、正式にはそれぞれ痔核(じかく)、裂肛(れっこう)、痔瘻(じろう)と言います。
この中で最もヘモグロビンの低下を招くのは痔核です。痔核は基本的に痛みはありませんが排便時に出血を生じやすく、それもかなりの量の出血になり血液が垂れるほどになることも珍しくありません。
また、さらに痔核が進行すると痛みを伴い、排便に関係なく出血することもあります。

下記ページではヘモグロビン値が低い方、貧血の方にに最適な鉄分補給サプリを10種類紹介しているので、ぜひ読んでみて下さいね。
↓ ↓ ↓
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位