症状でわかる!ヘモグロビン値が低いと起こる症状・兆候は?

ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜9位

症状でわかる!ヘモグロビン値が低いと起こる症状・兆候は?

ヘモグロビン値が低いと起こる症状とは?

貧血の指標としても使われるヘモグロビン値。
赤血球の赤い色を作り出すヘモグロビンは、体中に酸素を運搬する役目を担っています。
このヘモグロビン値が低いとどのような症状が起こるのでしょうか。
TOPページで紹介したように動悸や息切れ、顔色が悪くなる、固形物が飲み込みにくい等もありますが、その他の症状をご紹介します。

口内炎や口角炎が出やすくなる

ヘモグロビン値が低い状態になると、細胞の生まれ変わりが上手くできなくなります。
そうすると免疫力も低下してしまうので、口内炎や口角炎が起こりやすくなります。
これは、新しい細胞が生まれてこないため、古い細胞が口腔内に残っているとカンジダ菌が幹部から侵入しやすくなるためにカンジダ性口角炎などになりやすいために起こります。
鉄欠乏性貧血の合併症にブラマービンソン症候群というのがありますが、これにかかると口角炎が、亜鉛欠乏症になると口内炎が起こりやすくなるそうです。

手足をムカデが這いまわる感覚

鉄分が不足してヘモグロビン値が低下すると、ドーパミンという神経伝達物質の機能が低下して刺激に対する信号が正常に脳に伝わらなくなってしまいます。
そうすると、何にも触られていないのに触れられているように感じたり、手足にムカデが這っているような幻覚を感じたりすることがあります。
これは、「むずむず脚症候群」とも呼ばれることがある症状です。

土や氷を食べるようになる

ヘモグロビン値が下がるほど鉄が足りなくなると、脳に影響が出てしまって味の好みが変わることがあります。
特に、歯切れのいい音が出るものを好きになりやすく、土の壁を食べる人もいます。
また、硬いものを食べたくなり、氷を食べるようにもなります。
それも、ジュースの残りの氷をガリガリ食べるどころではなく、製氷皿に氷を作ってそれを全て平らげるような食べ方をする場合も…。
夏でもないのに氷をガリガリ食べる人は、ヘモグロビン値が低下している恐れがありますから、医師の診断を受けた方がいいでしょう。

下記ページではヘモグロビン値が低い方、貧血の方にに最適な鉄分補給サプリを10種類紹介しているので、ぜひ読んでみて下さいね。
↓ ↓ ↓
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位