ヘモグロビンと生理の関係!ヘモグロビンが減少し貧血になる?

ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜9位

ヘモグロビンと生理の関係!ヘモグロビンが減少し貧血になる?

ヘモグロビン

ヘモグロビンは赤血球の中にあるタンパクで、体中に酸素を運ぶという大切な役割を担っています。

しかし、ヘモグロビンの主成分である鉄分が不足するとヘモグロビンが作られなくなってしまい、貧血などの状態になってしまいます。
このヘモグロビンと生理の関連性を調べてみましょう。

 

生理の仕組み

生理は、医学的には月経と呼ばれます。
生理的出血があるために、俗に生理と呼ばれることもあります。
生理は、個人差は大きくありますが、だいたい28日周期で訪れ、通常は3〜7日程度続きます。
一般的に2日目が出血が多くて腹痛や倦怠感などを訴える人も多く、立ち上がることができないほどひどくなることもあります。
月経周期には卵胞器と黄体期があり、卵胞器には卵巣にがる卵子などの細胞の集合体の卵胞が成長して子宮内膜が厚くなります。
この間は低体温期が続き、生理から14日程度で排卵日になります。
排卵が起こると黄体が形成されて黄体期に入ります。
この黄体期が14日程度ありますが、排卵した卵子が受精しなかった場合は、子宮内膜が脱落し血液と共に体外に排出されます。
これが生理です。

 

生理とヘモグロビンの関係は?

生理の時には出血を伴います。人によっては大量に出血をすることもあり、その分だけヘモグロビンの量も減ってしまいます。
人によってはヘモグロビン値が2.0下がることもあります。
しかし、これは普通に起こることですから、めまいや立ちくらみなどの症状がなければ特に心配する必要はありません。

 

生理痛とヘモグロビン

生理の時にヘモグロビン値が低下することはそれほど心配はいりませんが、普段から貧血気味の人が生理で出血をすると、体に様々な不調が現れることがあります。
生理の出血が鉄欠乏性貧血を引き起こす恐れもあるのです。
鉄欠乏性貧血になると、少し動いただけで動悸や息切れがしたり、疲れやすくなったり、顔色が青白くなったりという症状があります。
ヘモグロビン値を常にチェックして、生理時などは特にヘモグロビンが減り過ぎないように注意しましょう。

下記ページではヘモグロビン値が低い方、貧血の方にに最適な鉄分補給サプリを10種類紹介しているので、ぜひ読んでみて下さいね。
↓ ↓ ↓
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位