鉄分サプリに副作用はある?1日の鉄分摂取量と副作用の関係

ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜9位

鉄分サプリに副作用はある?1日の鉄分摂取量と副作用の関係

鉄分の働きを理解しよう

ヘモグロビン

私達の体にとって重要な栄養素の1つとして、鉄分は欠かせないものとなっています。

特に女性にとってはとても重要な要素と言われており、日常的に鉄分の摂取を気にしながら生活している方も多いと思います。

 

鉄分の主な働きを皆さんはご存知でしょうか?
ここで鉄分の主な働きをおさらいしておきましょう。

 

体内においての鉄分は血液中に「ヘモグロビン」という形で存在しています。
この「ヘモグロビン」は全身の様々な組織に酸素を運ぶという重要な役割を担っています。
「ヘモグロビン」が体内で上手に働くためには、亜鉛やたんぱく質など他の成分の助けが必要不可欠となっています。

 

1日に必要な鉄分摂取量と過剰摂取による副作用について

鉄分は体にとって非常に重要な要素ではあるのですが、摂りすぎてしまうと副作用を起こすことがあります。
鉄分の1日の摂取量は、成人男性10r・成人女性12mg・妊娠授乳中20rとなっています。

 

この量を越えて過剰に摂取してしまうと、嘔吐・下痢・吐き気などの症状が現れることがあります。
たった1・2回であれば問題はないのですが、これが毎日続いてしまうと内臓内に鉄分が滞留することによって肝臓・脾臓・皮膚などで鉄が沈着してしまうのです。
そうすると、皮膚が黒ずんできたりするなど目に見える色素沈着などが起きてしまうのです。

 

また、鉄分の過剰摂取によって活性酸素が発生しやすくなりますので、疲れやすくなる・だるい・老化などの症状にも繋がるとされています。

 

鉄分サプリの副作用

鉄分不足にならないために、サプリメントなどで鉄分補給を行っている方も多いと思います。
しかし、上記のように鉄分の取り過ぎは体の不調の原因となりますので注意が必要です。

 

サプリメントは、必ず用法用量を守りましょう。
また、食事で鉄分を補給出来たと感じた時には、サプリの量を減らすなどすると、安心でしょう。
ただし、

 

服用して吐き気・下痢・嘔吐などの症状が見られた場合には、すぐに使用を中止して医師の診察を受けて下さい。

 

臓器にダメージを与えたり・血管が脆くなって切れやすくなったり、酷くなると肝硬変や糖尿病などの原因となり得るので注意が必要です。

 

何でも摂り過ぎはいけません。
鉄分の補給には副作用が伴うことも考慮して、用法・用量を守って服用するようにして下さい。
また、不調を感じた際には医師の判断を仰ぐように心掛けましょう。

 

 

下記ページではヘモグロビン値が低い方、貧血の方にに最適な鉄分補給サプリを10種類紹介しているので、ぜひ読んでみて下さいね。
↓ ↓ ↓
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位