ヘモグロビンを正常値にする食べ物・食事レシピ<鉄分の多い食品>

ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜9位

ヘモグロビンを正常値にする食べ物・食事レシピ<鉄分の多い食品>

ヘモグロビン

ヘモグロビン値が低いと、体に酸素が足りなくなって元気に活動することができなくなってしまいます。

ひどくなるとうつ病になってしまうこともある程で、放っておいてはいけない病気です。
そのようなことにならないように、ヘモグロビン値を正常にする食べ物をお教えしましょう。

 

鉄分を多く摂る

鉄分はヘモグロビンの材料となるものですから、これが欠けてはヘモグロビン値が正常になりません。
鉄分が多く含まれる食品をあげますと・・・

  • レバー
  • あさりなどの貝類
  • マグロ
  • カツオ
  • 豆腐以外の大豆製品
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • ヒジキ

などです。
この中でも、動物性食品に含まれているヘム鉄は体に吸収されやすいので、植物性食品に含まれている非ヘム鉄よりも有効です。
(肉や魚など)

 

また、鉄分を摂る時はビタミンCを一緒に摂るようにしましょう。
ビタミンCには鉄分の体内への吸収を高めてくれる働きがあるので、より効果的です。
非ヘム鉄は動物性タンパク質と一緒に摂ると吸収率が高まります。
レバーなどが苦手な人はこの方法で鉄分を摂るようにしましょう。

 

造血効果のある食べ物

ヘモグロビン値を上げるためには、赤血球を作る必要があります。
正常な赤血球を作るために必要な栄養素がビタミンB12と葉酸です。
これらをしっかり摂取してヘモグロビン値を正常にしましょう。
ビタミンB12を多く含む食品は、

  • 牛や豚のレバー
  • 魚介類
  • 貝類
  • 卵黄
  • チーズ

などがあります。
葉酸を多く含む食品には、

  • 鶏・牛・豚のレバー
  • パセリ
  • ほうれん草
  • 枝豆
  • 卵黄
  • 納豆
  • モロヘイヤ

などがあります。

 

ヘモグロビンを正常にするメニュー

先ほど述べたような食材を食べることでヘモグロビン値を正常にできますが、どのようにして食べればいいか分からない人もいるでしょう。
鉄分や葉酸の多いメニューとしては、マグロの煮付けや鶏レバーとザーサイの炒め物、ヒジキサラダ、アサリご飯などがあります。
こういったものを食べてヘモグロビンを正常にしましょう。
また、コーヒーや紅茶に含まれるタンニンは鉄の吸収を阻害するので避けるようにしましょう。

下記ページではヘモグロビン値が低い方、貧血の方にに最適な鉄分補給サプリを10種類紹介しているので、ぜひ読んでみて下さいね。
↓ ↓ ↓
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位
ヘモグロビンが低い方へ効果のあるサプリ口コミランキング1位〜10位